biborock

疲れたサラリーマンに捧げる備忘録的まとめ

ブログタイトル

MENU

【必読】引越しするあなたに全力で捧げる!お安く引っ越す方法まとめ

f:id:salarytan:20180528071138p:plain

最近引越した筆者が実際に試した引越しを安くする方法を紹介します!

なんとか安く引越したい・・・!

先日、通勤時間短縮のため引越しを致しました!

 

 

引っ越してみてわかったのですが、びっくりするぐらいお金がかかりますよね。

 

 

新しい住居の契約家具の買い替えインターネット回線の新規契約などなど...

 

 

普通に何十万円と飛んでいきます...!

 

f:id:salarytan:20180527211439p:plain

 

とはいっても、

『なんとか引越しの値段は安く抑えたい!』と思いますよね。

 

 

そう思う節約家なあなたのために、今回は、めちゃくちゃケチな私が今回実行したお得になる引越しの仕方をご紹介します!

 

 

今回ご紹介する方法を試すことで、24万円の節約に成功しました

(マジですw)

 

f:id:salarytan:20180506211329p:plain

 

 

そんな安くなるティップスを以下にて引越しの手順ごとにまとめていますので、目次から気になるところに飛んで見てください!

 

新居の契約:初期費用は実は値切れる!

まず、新居の契約をするときに安くする方法からご紹介します。

 

f:id:salarytan:20180507065437p:plain

 

新居契約時は、実は結構お金がかかります。

引越しの費用のうちのほぼ8割を占めるともいえるほど。

 

 

では、なぜ契約時にお金がそんなにかかるかというと・・・

 

f:id:salarytan:20180521221719p:plain

 

契約時の初期費用がめちゃくちゃに高いからです。

 

 

例えば、

・敷金

・礼金

・仲介手数料

・鍵交換代

・保険

 

といったものが新居を契約する際の初期費用として発生し、高額の費用が必要になってきます。

 

 

中でも敷金や礼金、仲介手数料は、家賃1ヶ月を請求してくる場合が多く、

 

 

例えば8万円の家に住もうとしている場合、それらのみで合計24万円も必要になってきます。

 

 

しかし、実は初期費用は値切ることができるのです!

f:id:salarytan:20180527214332p:plain

 

契約時に、仲介業者(例えば、エイブルやアパマンショップなど)の方に、

 

 

『敷金・礼金は0にできませんか・・・?』

『鍵交換しなくても良いので鍵交換代0にしてください!』

『仲介手数料はもう少し下がりません?w』

 

f:id:salarytan:20180527214933p:plain

 

これらの魔法の言葉を投げかけてみましょう。

 

 

すると、あら不思議!意外とかなり下げてくれます。

 

 

私の場合、

 

・敷金:8万円→3万円

・礼金:8万円→0円

・仲介手数料:8万円→5万円

・鍵交換代:1万円→0円

 

という感じで下げることができました!

 

 

実はこれらの初期費用の多くは、不動産業者が無知な消費者からお金を絞り取ろうという魂胆で設定しているお金です。

 

 

ここを下げても業者にとっては、赤字とかにはならないので、契約のためにと下げてくれることが多いです。

 

 

このおかげで、新居の契約に本来25万かかるところを8万で済ませることができ、17万円の節約になりました。

 

 

ぜひ高額なお金を払う前に勇気を出して値切って見ましょう!

 

 

ライフラインの手配:安くて便利なモバイルwifiを!

では、壮絶な値段交渉の末、新居の契約引越しの日程が決まったら、めんどくさいですがライフライン(ガス、水道、電気、インターネットなど)の手配をしちゃいましょう。

 

 

住み始め当日に水道出ない、電気つかないだと原始時代の生活にタイムトリップしてしまいますからねw

 

 

ガス、水道、電気については、そこまで圧倒的に安くなる節約術はなかったのですが、インターネットについてはありました。

 

 

それは、GMOとくとくBB モバイルWi-Fi です!

 

 

と、そちらをご紹介する前に、インターネットの手配について少しお勉強です。

 

 

そもそもインターネットの準備をする上で大きく二通りのやり方があります。

 

 

① インターネット固定回線を使う

f:id:salarytan:20180528062527p:plain

② モバイルWi-Fiを使う

f:id:salarytan:20180528062545p:plain

 

多くの人が①のインターネット固定回線を手配することかと思います。

 

 

ですが、今回の引越しにおいて少し考えてみたのです。

 

 

『どちらの方が良いのだろう・・・』と。

 

 

その二つを比較した結果がこちらです。

 

 

  ① インターネット固定回線
(auひかり)
② モバイルWi-Fi
GMOとくとくBB
月額料金 3,800円 4,263円
通信速度 100Mbps(下り) 166Mbps
速度制限 1日で30GB超えた場合、制限あり 3日間で10GB超える場合、制限あり
工事費 3万円 0円
使い始めるまでの期間 2週間 申し込み後、翌日から

 

当初、インターネットの固定回線を使おうと思っていたのですが

 

 

調べてみると、工事をして使い始めことができる期間が2週間もかかったり、工事費用がかなり高いにも関わらず、通信速度はモバイルWi-Fiの方が速いという・・・

 

 

良い部分とすると、速度制限があまりかからないという点ぐらい。

 

 

インターネット固定回線と比べると、モバイルWi-Fi (GMOとくとくBB モバイルWi-Fi )の場合・・・

 

○ 通信速度が速い

○ すぐ使い始めれる

○ 月額料金もそこまで変わらない

× 速度制限がある

 

と、良いことずくしということがわかりましたw

 

 

速度制限が唯一のデメリットですが、ずっとYoutubeを見てるならひっかかりますが、そうでなければ問題ないかと思います。

 

 

そのため、インターネット回線よりもモバイルWi-Fiが良いという判断をしました!

 

 

モバイルWi-Fiについては各社サービスを出していますが、GMOとくとくBB モバイルWi-Fi では3,9500円という破格のキャッシュバックをしており、圧倒的にお得なためGMOにしました。

 

 

 

 

携帯の通信もモバイルWi-Fiで行い、携帯の通信プランを下げればさらにお得になりますね。

 

 

これからインターネットを手配する場合はおすすめします!

 

 

新居へ引越し:引越し業者に頼まず、自分でやってしまおう!

さあ、新居のライフラインの手配が整い、いよいよ新居への荷物の引越しです。

 

 

たいていの場合、アリさんマークの引越しセンターやアート引越しセンターなど大手運送業者に頼んで荷物を届けてもらいますよね。

 

 

一人暮らしの方の場合、だいたい5万円ほどかかってしまいます...

f:id:salarytan:20180527211347p:plain

しかし、ケチな私は運送業者に頼むなど甘えたことはしませんでした。

 

 

軽トラを借りて、自分で荷物を運んだのですw

 

f:id:salarytan:20180527221110p:plain

 

一人暮らし程度の荷物量なら自分で運んでもそこまで大変ではありません。

実際、自分の場合そこまでの荷物がなかったのでトラックを借りて、一回で運んでしまいましたw

 

f:id:salarytan:20180527222109p:plain

 

その結果、本来5万円ほどかかっていたところを1万円以下にすることができたのです。

 

 

軽トラを借りれるレンタカー屋さんは限られていますが、今回利用したところはニッポンレンタカーさんで借りれました。

 

www.nipponrentacar.co.jp

 

乗り捨てもでき便利でお安いです!

 

 

ケチなあなたはぜひ肉体労働で節約しちゃいましょうw

 

 

最後に

今回、このようなお得な方法を行うことで本来なら33万円の費用がかかっていたところを9万円に抑えることができ、

 

 

結果として24万円も節約していましたw

 

 

自分でもびっくりです・・・

 

 

ぜひこれから引っ越すぞという方はこちらの記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

 

 

ではでは。