biborock

疲れたサラリーマンに捧げる備忘録的まとめ

ブログタイトル

経験者が語る!うつ病再発を防ぐために心がけたたった一つの事

f:id:salarytan:20171229100603p:plain

二回もうつ病を再発させちゃった

現在、2x歳として社会人生活を送る筆者は、過去に二回もうつ病になった事があります。

 

どれも全て学生の頃で、おっきいイベントの企画を任された時と就職活動の時です。

うつ病になった方はわかると思いますが、もうほんとに全ての事に自信がなくなって、何もできなくなりますよねw

 

「ああ、もう全ておしまいやぁ。これからどうしていけばいいんや」という絶望感で、

自宅でひきこもり鬱々としていました。

(ここらへんの話は別記事で詳しく書きますw )

 

それらのうつ状態を乗り越えて今なんとか社会人をやっているのですが、

学生時代になったうつは、社会人になってからはできれば再発させたくない、と考え、

 

ある事を心がけて仕事をすることでなんとか再発を防げているので、その方法を今回はご参考までに紹介したいと思います。

 

今、もしくは過去うつ病だった人でこれからは病気のお世話になりたくない人や、

まだうつになったことないけどならないようにしたいという人はぜひ一読ください。

 

*現在、うつの方は読力が低下していると思いますので、最下部の「まとめ」章だけ読めば内容がある程度掴めるようにしています。辛くなればそちらだけご参照ください。

 

 

うつ病再発を防ぐために心がけたたった一つの事

そもそもなぜうつになってしまうのか

そもそもなぜうつになってしまうのか、というそもそも論を自身の経験ベースで語りますw

 

このうつになってしまう原因は、様々なケースがあり、未だ原因は科学的に何かは証明されていません。

 

ただ、筆者の個人的な経験から「責任感が強くまじめすぎる性格」がうつの原因だと思っています。

 

筆者は小学生の頃までは自由奔放な適当人間として360度全てのものに対して迷惑をかけてきましたが、中学生になってガラリと変わりました。

 

めちゃくちゃ厳しい部活に入り、スーパー真面目ちゃんになったのです。

 

部活の顧問がかなーり厳しい人で、学校の生活態度を厳しくチェックされ、何か悪い事をする(遅刻するなど)と、殴り怒鳴られながら激しく注意され、試合にも出してもらえなくなるというような指導をする先生でした。

 

逆に、毎日を品行方正に生活し、真面目に生きていると評価され、試合にも出してもらえるというようなスタイルです。

 

自分はもちろん試合に出て活躍したい!(キラッ)という思いがあったため、何事にもスーパーストイックに真面目に取り組む生活を送っていました。

 

そのような中学生活を送り続けため、「責任感強く真面目に生きる」というソフトウェアが自分のOS上にインストールされてしまったのです。

 

これは一部ではかなり役に立ち、大学受験ではこの性質が役立ち、ちゃんとした大学へ進むこともできました。

 

しかし、時折この性格が牙を向きました。

就活中、一時期うまくいかなくなり、「このままいったら本当に人生、路頭に迷う。なんとかしなきゃ」と悩み、真面目なので必死にどうしよう、どうしようと悩み続けた結果脳がパンクし、何もできないうつ状態になったのです。

 

うつ病再発を防ぐために心がける、「グレる」ということ

 

やはりうつになってしまう人は自分のようなソフトウェアが組み込まれた人が多いのではないかなぁと思います。

 

うつ病になる人は、優等生で学校の成績が良かったり、仕事もきっちりこなせますが、

 

時折訪れる人生の壁に直面した時、

「 〜しなきゃいけない」、「こうあるべきだ」といった潜在的に持っている自身の考えに縛られ、ぶち当たった壁に真面目に体当たりし続け心を壊してしまう。

 

二回もうつ病になっていると、なんとなく原因が見えてきますw

この真面目すぎる性格が、主な原因なんだろうと。

 

そこで、中学時代に染み付いてしまった自分を180度変え、

「グレる」という方向に転換しましたw

 

そうです、学生の頃にいたあのヤンキーさんたちのようにです。

何もピアスを開けてコンビニ前でビールを飲むようになった、というわけではありませんw

 

物事の考え方を「グレさせる」という生き方

 

ヤンキーさんたちは、目の前に迫る絶望的な現実(テストが0点など)に対して、決してめげません。

 

なぜなら、こんなのクソどーでもいいしマジで、と思うからです。

それゆえに、真面目な人とは対照的に自分を追い込まず、心を壊すこともありません。

 

f:id:salarytan:20171229100704p:plain

 

このようなヤンキーさんたちのグレた考え方に習って、

社会人になってから、

・職場の人とうまく関係が作れない、いじめられてるw

・仕事が思ったよりできない

・プロジェクトが大炎上している

といった場面に遭遇しても、「くそどーでもいいわ」とグレています。

 

もちろんそれでもある程度仕事は進めなければいけないので、仕事中はしっかり考えて行動しエリートサラリーマンをしますが、

 

一度会社を出ると「くっそどうでもええわ」と忘れてしまうというような、ヤンキーサラリーマンにたち変わります。

 

その結果、本来ならどうすればいいんだとひたすら悩み、自分を追い込むところを「は、しょうもないわ」というヤンキー精神のおかげで、未だ心の大怪我にならずにすんでいます。

 

明るくメンタルタフに生きている人は、一部このようなヤンキー精神が備わっているのではないかと思います。

 

良い意味で、真面目に人生を生きていないのではないかと。

 

まとめ

だらだらと駄文を垂れ流しましたが、言いたい事は主に以下の2つです。

・うつ病の原因は「スーパー真面目ちゃん」な性格ではないか

・うつ病再発防止のために「グレる」というヤンキー的性格が有効

 

かなり、極論的なことを書いていますが、実は本質に迫ることでないかと思っています。

うつで悩んでいる方は、思いっきり肩の力を抜き、てきと〜に生きてみてください。