biborock

疲れたサラリーマンに捧げる備忘録的まとめ

ブログタイトル

MENU

IT系新卒2年目が転職失敗!? 転職失敗してわかったこと

f:id:salarytan:20180929111514p:plain

当ブログ筆者が転職失敗して学んだことを恥を忍んでご紹介します!

当ブログ運営者である私は、現在IT系某大手企業に勤めているのですが、実は入社して2年目のタイミングで転職活動をしました。

 

 

忙しい仕事の合間を縫って、新たな職探しをしたのです。

f:id:salarytan:20180929084802p:plain

ところがどっこい、結論を先に言ってしまうと転職活動を失敗してしまいましたw

 

 

では、どうして転職失敗してしまったのでしょうか。

転職失敗しないために何をしておくべきだったのでしょうか。

 

 

今回は、これから転職しようと思っている方の教訓になればと思い、転職失敗してわかったことをお恥ずかしながら共有させていただきたいと思います。

 

 

そもそも転職をしようと思ったわけ

本題に入る前に、そもそもなぜ転職をしようと決心したのか、というところから自分語りしていきたいと思いますw

 

 

将来の安定性や待遇、知名度など比較的優れている某大手IT企業に入社したわけなのですが、

 

 

当時2年目社員である私は、よくありがちな不満を抱いていました。

それは、『自分のやりたいことができない...』という不満です。

f:id:salarytan:20180929092014p:plain

もともとエンジニア職を希望していたにもかかわらず、

どちらかというと顧客対応を行う営業よりな部署に配属されてしまったのです。

 

 

希望通りの部署につくことができず、自分のやりたいことができないという不満が沸々とたまっていたのです。

 

 

自分のやりたいことができる部署に異動しようと思っても、数年後先という会社の人事ルールがある中で、

 

 

自分がやりたいことを早くやろうと思ったら、転職が一番手っ取り早いだろう』という考えにいたり、転職活動を開始したのでした。

 

転職活動やってみた

そんなわけで転職活動を始め、転職サイトに登録し興味のある企業1社に応募してみました。

 

 

すると、転職活動を始めて1週間ほどしか経っていないにもかかわらず、無事に面接までこぎつけることができたのです。

 

 

そして、会社を休んで面接を受けてみたところ、なんなく一次面接をクリアし、その次の二次面接もパスでき、

 

 

次は最終面接というところまでトントン拍子で進んでいくことができてしまいましたw

f:id:salarytan:20180929093917p:plain

 

人事の方から『次の面接を合格すれば、内定なので頑張ってください』という連絡を受け、

 

 

もはや転職活動開始1ヶ月以内で、転職活動終了というところに迫っていたのです。

 

 

ところが、そんな転職活動大詰めの中、私は最終面接を辞退し、転職活動を自ら失敗という結果に終わらせてしまったのでした。

f:id:salarytan:20180506205749p:plain

 

転職活動失敗した原因

では、なぜ最終面接を辞退して転職活動失敗という結果になってしまったのでしょうか。その原因を振り返ってみたいと思います。

 

今後のキャリアを事前にしっかりと考えれていなかった

とりあえず飛び込むように転職活動を開始し、思ったよりも上手く進み、最終面接まで1ヶ月程の短期間で一連の転職活動が進みました。

 

 

そんな短期間での転職活動だったということもあり、ぼんやりとエンジニア職をやっていきたいという今後のキャリアプランはありつつも、

 

 

どのような分野のエンジニアとして数年後にはどのようになっていきたいのか、といった具体的なキャリアプランを描くことができていなかったのです。

 

 

このように、事前に明確なキャリアプランを準備していなかったため、最終面接までこぎつけた会社を目の前にして、

 

 

『自分のキャリアプランがわからない中で、本当にこの会社が良いのか判断がつかない...』と悩みはじめたのでした。

f:id:salarytan:20180610141132p:plain

そして、『自分はこういうキャリアプランだからこの会社に入って間違いない!』という入社への覚悟がつかず、途中で辞退するという結果になってしまったのでした。

 

 

つまり、事前のキャリアプランを持って転職活動をしていなかったため、応募企業への入社覚悟がつかず、途中での面接辞退、転職失敗という結果に至ったのです。

 

転職失敗してわかったこと

転職活動を経験してみて、事前に今後のキャリアをしっかりと考えることの重要性を身にしみて理解しました。

 

 

ケツの青い入社2年目の私は、事前にキャリアの計画を立てず、現状の不満に駆られてとりあえず転職活動へ飛び込んでみました。

 

 

そして、直前になって転職への覚悟がつかず、入社を辞退するという恥ずかしい結果に至りました。

 

 

このようなことはおそらく、私だけではなくみなさんにも起こりうるのではないかと思います。

 

 

次の会社への入社が目の前に迫り、

あれ、自分の人生ってこういう方向でよかったんだっけ・・?

次の仕事は、これで良いのかな・・・?』と悩み、

転職覚悟ができず、結果として転職失敗に至るということがみなさんにもあるかもしれません。

 

 

そのため、現状の不満から急いで転職を進めていくのではなく、一旦立ち止まって今後のキャリアをどうしていくのかしっかりと検討し、

 

 

キャリアプランに見合った企業に応募していくようにしていただければと思います。

 

最後に

ということで、私の新卒2年目の頃の転職失敗経験を恥ずかしげもなく暴露いたしました。

 

 

失敗経験をふまえて、転職活動する上では将来のキャリアを深く考えるということを強くお勧めします。

 

 

自分一人でどんどん考えられる方は良いですが、なかなか一人では考えられないという方は、

 

 

相談に乗ってくれるキャリアコンサルタントの力を借りて考えていくというのも一つの手かと思います。

 

 

誰かに話すことで自分の将来のやりたいことが明確になるかと思いますので、

 

 

キャリアコンサルタントが相談に乗ってくれるパソナキャリア や、IT系の転職であれば専門のレバテックキャリア で相談してみることをおすすめします。

 

 

では、転職活動頑張ってください!