biborock

疲れたサラリーマンに捧げる備忘録的まとめ

ブログタイトル

MENU

【まとめ】需要高まる「セキュリティエンジニア」とは|将来性・年収・必要なスキルや資格などまとめ

f:id:salarytan:20180930154525p:plain

人材不足が叫ばれ需要が高まる職業である「セキュリテイエンジニア」の気になる年収や将来性などをご紹介します!

 

ランサムウェアなどサイバー攻撃が増加する中、企業の情報システムを攻撃から守る「セキュリティエンジニア」の需要が高まっています。

 

 

実際に、転職支援会社の調査によると転職市場において「セキュリティエンジニア」の求人数が年々増加しているというデータもあり、需要の高まる魅力的な職業の一つです。

 

f:id:salarytan:20180930160703p:plain

 

そこで今回は実際にIT業界で働く筆者が、『セキュリティエンジニアになってみたい!興味ある!』という方のために、

 

 

需要高まる「セキュリティエンジニア」という職業についてまるっと解説したいと思います。

 

 

需要高まる「セキュリティエンジニア」とは

仕事内容

「セキュリティエンジニア」の仕事内容は、非常に多岐に渡りますが大まかには以下の内容になります。

 

  仕事内容
企画 セキュリティリスクを分析し、リスクに基づく対策を企画する
設計・構築 セキュリティ対策となるシステムの設計を行い、設計に基づき実装する
運用 セキュリティ対策として構築したシステムを監視し、攻撃を受けた場合、攻撃への対処を行う

 

このように、サイバー攻撃に対する対策を企画し、導入から運用まで行うというのが「セキュリティエンジニア」の仕事内容です。

 

 

しかし、上記の仕事内容を全て担当するということは少なく、セキュリティ対策の企画を専門にする人や、インシデントレスポンスなど運用に特化する人など、

 

 

特定のフェーズのみを担当するというケースが一般的です。

 

 

 

このような「セキュリティエンジニア」という職種は、転職市場において今引く手数多の状況ですが、平均年収はどれくらいなのでしょうか?

 

平均年収

需要高まるセキュリティエンジニアの平均年収ですが、平均年収は600万円ほどと言われています(参照:平均年収.jp

 

 

人材不足が叫ばれる職種であるからか、他のIT系の職種と比較すると高い平均年収になります。

 

 

また、情報処理安全確保支援士(旧:情報セキュリティスペシャリスト)など高度なセキュリティ資格を取得すると、

 

 

年収1,000万円以上を獲得できるケースもあり、非常に年収面で魅力的な職種になります。

 

今後の将来性

現在、注目集まる職業である「セキュリティエンジニア」ですが、今後も需要はあるのでしょうか。

 

 

結論としては今後も需要があり、将来性のある職業です。

 

 

すでにご存知の内容かもしれませんが、2016年の厚生労働省の調査結果によると2020年には約20万人ものセキュリティ人材が不足するという予測を出しており、

 

 

今後数年において「セキュリティエンジニア」の需要はあると考えられます。

 

 

また、ITシステムには常にセキュリティ対策が求められ、それを実行できる「セキュリティエンジニア」の存在は欠かすことができないものです。

 

 

そのため、今後の将来において、ITが存在する限り、それを守る「セキュリティエンジニア」の職はなくなることはないと考えられます。

 

f:id:salarytan:20180923090033p:plain

 

では、年収も比較的高く、また将来性もある「セキュリティエンジニア」になるには、どのようなスキルや資格が求められるのでしょうか。

 

必要なスキルや資格

セキュリティエンジニアとして働くためには、他のIT系職種と比較して幅広いスキルが求められています。

 

 

セキュリティは、ITの総合格闘技と呼ばれるように、情報システムを保護していく上で、アプリケーションやOS・ミドルウェア、ネットワークなど広範な技術的な知識・スキルが必要になります。

 

 

このようなセキュリティエンジニアとしてのスキルを証明する上で代表的な資格は、

 

 

国家試験である情報処理安全確保支援士や、国際的に通用するCISSPなどが挙げられます。

 

 

※ セキュリティエンジニアとしてのスキルを証明できる関連資格は以下の記事をお読みください!

 

 

 

セキュリティエンジニア未経験の方でも、これらの資格を取得することでセキュリティエンジニアとして必要なスキルを持っていると評価を受け、

 

 

セキュリティエンジニア職への転職において有利に進めることができますので、ぜひ資格取得に励んでみてください。

 

 

最後に

 

今回は、需要高まる職業の「セキュリティエンジニア」についてご紹介しました。

 

 

平均年収も高く、今後の将来性もある魅力のある職業だと思います。

 

 

個人的には、「ホワイトハッカー」とも呼ばれる「セキュリティエンジニア」はとてもかっこよく、なりたい職業の一つですw

 

f:id:salarytan:20180922092253p:plain

 

興味のある方は、ぜひ転職などで機会を探ってみてはいかがでしょうか。