biborock

疲れたサラリーマンに捧げる備忘録的まとめ

ブログタイトル

MENU

本当に有効だった... 実体験から高度試験午前 I の対策方法を教える

 

 

f:id:salarytan:20171028174814p:plain

 

先日(10月12日)に情報処理安全確保支援士試験(以下、支援士試験)を受けてきました。

いわゆる、情報の安全確保するマンになるための試験ですね。

 

対策を始めたのは二ヶ月前ぐらい。

業務で少しセキュリティのコンサルティングをしているので、

まあある程度勉強すれば余裕だろう、と鼻ほじりながら考えていたのですが、

試験内容見てびっくりセキュリティ以外の内容も含むじゃないですか!!(←情弱)

それは、一般的に午前 I と呼ばれる科目。

 

支援士試験をご存知のない方のために、試験科目についてさらっと説明すると、支援士試験は以下の科目で構成されます。

  1. 午前 I:応用情報技術者試験(以下、AP試験)と同じ範囲での出題(コンピューターの基礎理論やらSQLやらいろいろ)
  2. 午前 II:セキュリティの基礎的な用語について4択で問う(ざっくり)
  3. 午後 I:長文を読んで、対策の方法などを論述で回答する(ざっくり)
  4. 午後 II:午後 I とテイストは変わらないが、長文がさらに長文になる(〃)

 

過去にAP試験を取得して入れば、午前 Iは免除されるのですが

残念ながら基本情報しか持っていない ITど素人のため対策をしないとダメ。。。

 

午前Iは範囲が広すぎてとてもではないけど真面目にテキストを読み学習しているとそれに時間を取られて、午後の試験対策が十分にできない。

 

「支援士、午前Iが原因で落ちそうやなぁ」と思っていました。

いかがしたものかとググりまくっていると、ネット上で以下の記述が散見されました。

AP試験過去3年分を暗記しろ!

もしかしたら読者の皆さまもこの記述を見られたことがあるかもしれません。

AP試験の過去問がそのまま高度試験午前Iの問題として数十問出題されるという話です。

 

「いや、これガチなん?」と思って半信半疑でしたが、

もうこれしかないと思い、過去問の質問と答えの組み合わせを暗記する日々。

と同時に、以下の問題集も使いました。

 

情報処理安全確保支援士 午前Ⅰ・Ⅱ 一問一答問題集 2017年度版

(上記の問題集は、単純に暗記して合格すればOKではなく、ある程度の知識は身につけたいという場合、オススメです。ジャンルごとに重要用語の解説+過去問がついているため、頭を整理しながら知識を習得できました。)

実質の午前Iへの勉強期間は一ヶ月ほどだったと思います。

 

試験当日・・・・

いや、ガチでした。笑

約6〜7割はこれ過去にみたことあるという問題で構成されており、

みたことない問題についても過去問を解く中で習得した知識で太刀打ちできるものでした。

採点をしてみると正答率8割を突破しており、

個人的に最も難関だと思っていた高度午前I試験を難なくクリアできました。

最後に

試験合格を目的にすると上記のような方法が良いのかと思いますが、

良い子の読者の皆様は真似しないでくださいね....